株主優待券の使い方とは?ANA航空券の買い方・使い方

- 株主優待券とはどんなものなのか

株主優待券とはどんなものなのか

航空会社の株主優待券は、その優待券を発行した航空会社の全便で使用することができる割引券です。
発行した航空会社によって、規定やルールなどが微妙に違ったりはするのですが原則として航空券1枚に対して1枚まで使うことができ、およそ割引率は50%前後になるというところだけは共通しています。
昨今の、格安航空会社の日本参入によって大手のもともとある航空会社はどうしても値段を割引できる方法というものを模索していました。
その一環として数えることができるのが、この優待割引というわけです。

優待券の特権は券に依存する

あくまで、この優待券のサービスというのは株主に既存するのではなく優待券の所有者に与えられるものになっています。
だから、株主でないと使うことができないということはなく株主ではなくても優待券を委譲されれば同様に使うことができるというメリットがありますので、多くの人が金券ショップやネットチケットショップなどで購入して航空券を割引購入している、というように一種の割引制度の一つとして現在は機能しています。

優待券のメリットについて

航空会社の割引は、航路や便数、予約時期などによる割引も多数見られますが、とくに帰省ラッシュなどのオンシーズン時期というのはこういった割引が激減してしまうんですね。
しかし、優待券の割引制度に時期制限はありませんので繁忙期などの時期に航空券を購入する際にも、確実な割引をすることができる、という点て貴重ですし非常に諜報します。
ほかにも予約の変更や払い戻しなども非常に自由なので使い勝手がよく、迷ったらとりあえず優待券割引という風な選択肢に入れることができるものとして考えていいでしょう。


優待券の仕組みについて

株主優待割引、というのはそもそもどういった風に使い分けがされるのか、ということですがまず優待券1枚で、片道分の区間が半額で航空券を利用することができる、というものになっています。
つまり、往復の格安航空券 国内便を割引したいのであれば優待券は2枚必要になるというわけですね。
また、この優待券は原則として国内線にしか適用されず国際線では使用することができないものになっています。
なので、国内旅行や帰省時期などにしか使うことができないという風に認識しておくと間違いがないでしょう。

株主優待割引を実施している航空会社

日本の航空会社では殆どのところがこの株主優待割引を実施しています。
まず、大手だとJALやANAが挙げられますね。
格安航空会社でも同様に実施しており、エアドゥ、スターフライヤー、ソラシドエアで実施されています。
ただ、割引率は実は航空会社によって変動しており大手のANAとJAL、そしてスターフライヤーはそれぞれ通常のクラスだと優待券1枚につき、片道航空券が50%割引になっているのに対して、エアドゥとソラシドエアでは、優待券1枚で25%割引になっており、片道航空券に対し最大で2枚まで使用することができるようになっています。
要は、こちらの航空会社の場合は半額のためには2枚、往復分ならば4枚必要になっているということです。
余談ではあるのですが、上記の1枚で50%の割引を受けることができる航空会社の優待券を2枚使えば航空券が無料で手に入るというわけではありませんのでそのあたりは誤解のないようにお願いします。

優待券の使い方について

優待券を使用する場合は、おおよそどの航空会社でもまずや航空券を予約しておき、割引後の運賃を支払うようになります。
そして、登場当日前までに株主優待割引の登録をするか当日にチェックインする際に優待券をチェッカーに通すことによって登録される、というようになるんですね。
カウンターで手続きをする場合には、ここで提出すればいいので優待券は原則として予約時には持っていなくても当日に持ってさえいればいいのです。
また、優待券は1人につき1枚必要なのでたとえば片道の航空券を3人分予約する場合は、誰かが優待券を1枚持っておけばいいのではなく、3人分合計3枚の優待券が必要になる、ということですね。

まとめ

優待券の使用は、非常に便利で融通が利くしいついかなる時でも使うことができるというところが他の割引と一線を画しているところですね。
ただ、優待券にはそれぞれ有効期限が設定されており、それを過ぎてしまうと使うことができなくなってしまいますので十分に注意しましょう。

Copyright(C)2016 www.scotlefavor.com All Rights Reserved.